banner

廃車の整理術

面倒な廃車は代理で済ませる

新しい自動車を購入するさい、古い自動車は下取りや売却に出されることが殆どです。
しかしながら、古い自動車の状態が悪かったり、年式が古かったり総走行距離がかなりの長距離になっている場合は下取りや売却ができない場合もあります。
そのような場合に取られる方法が廃車という手続きです。
廃車は文字通り、古くなり乗れなくなった自動車を廃棄することです。
これには様々な手続きが必要になり、個人でするにはかなりの労力がかかります。
そのため、お金を支払って代わりに廃車手続きをして貰う場合があります。
しかしながら、自動車としての価値が無くなったものを廃棄するのにお金がかかるということに違和感を覚えたり、気に入らないと感じる人は少なくありません。
そのような人でも安心して無料で廃車できる可能性があります。
まずは新しい自動車を購入するさいに、古い自動車を下取りに出すようにしましょう。
これは形式的なもので、必ずしも価格を期待するものではありません。
古い自動車は総走行距離が20万キロ、年式が10年以上前のものといった状態でも問題ありません。
通常よっぽど良い状態や希少価値のある自動車でない限り、総走行距離が20万キロ、年式が10年以上前の自動車に価格が付く可能性は非常に小さいです。
しかしながら、ここでする下取りは価格をつけることが目的ではありません。
新しい自動車を購入するさいに、上記のような古い自動車を下取りに出すと、もちろん下取り価格はつかない場合が殆どです。
そこで廃車となるのですが、この時に通常の廃車手続きに移ってしまうと代金が発生してしまうことがあります。
そこで新しい自動車を購入することを条件に、無料で古い自動車の引き取りをお願いするようにしましょう。
こうすることで、廃車に関する面倒な手続きを行わないで済むばかりか、無料で古い自動車を引き取ってもらうことができるのです。
このように代理してもらうことで、面倒な手続きに悩まされる必要はなくなります。
ここで必要な条件は新しい自動車を購入するさいに、そのついでに引き取ってもらうということです。
いきなり古い自動車を持って行っても引き取ってもらうことは非常に難しく、料金が発生してしまうことがあるので注意が必要です。
以上、新しい自動車の購入を考えており、総走行距離が20万キロ、年式が10年以上前といった古い自動車の処分を迷った時は新しい自動車の購入と引き換えに、廃車の代理人としてディーラーに引き取って貰う方法があります。

Copyright(c) 2015 廃車の手続きは代理に依頼する手段があります。All Rights Reserved.