廃車の手続きは代理に依頼する手段があります。 /></p>
	<!-- コンテンツ -->
	<div id=

廃車以後の車庫証明

廃車したときの車庫証明

廃車以後の車庫証明自動車の登録には車庫証明が必要ですが、廃車した場合には、登録したときに届け出た車庫の登録がどうすればいいのでしょうか。実は特に届ける必要はないのです。廃車する際に今まで車庫として使っていましたが、今後は使いませんと言うような申請をする仕組みはないのです。登録はそのままになります。警察には車庫証明を申請した記録が残りますが、また違う車を申請するのでなければ、特に参照されることもありません。では廃車にした車の車庫として申請していた場所に、他の車の車庫証明を申請する場合にはどうすればいいのでしょうか。その際は、以前申請していた車の車庫としては既に使っていないことを証明する書類をつけて警察に申請することになります。現在の名義変更されているのなら、車検証のコピーとかですが、廃車されて抹消登録されているのなら、抹消謄本のコピーをつけて出すのが一般的です。一時抹消でなく永久抹消で解体抹消した場合には、抹消謄本は出ませんので、車庫の入れ替えが予定されるのなら、登録事項証明を出してもらっておくとそれのコピーでも申請できます。新しく車を買うときに、前に乗っていた車の車庫の申請がそのまま残っていて、申請が通らないと言うことはよくあることなのですが、その際、何の書類も残しておかないと少し面倒になります。その場合は陸運局で登録事項証明を出してもらうことになります。これは最低でもナンバープレートの番号と車台番号が必要なので、それを探さないといけないことになります。任意保険の保険証などには載っていますので、そういう情報を参照してください。個人の敷地内を車庫として申請している場合は、そういう風に現在はすでに書庫として使っていないことを証明する書類が必要ですが、月極め駐車場などの場合は、特に申請しなくても、前の人は当然既に契約をしていないのは明白なので、登録事項証明などを出さなくても新たに書庫証明を申請できるようになっています。今の制度ですとこのように賃貸契約で借りた駐車場は前の車を名義変更しなくてあたら車庫として申請できるので、これにより、実際に置き場所はあるにしても、書類上は車庫のない車が出来てしまうことにまります。正確には書類上は車庫があるのですが、そこは既に誰かの車庫として使われていると言うことになります。転居などをした場合には速やかに住所の変更登録をすることを義務付けられていますので、出来るだけ早く申請するようにしましょう。

Copyright(c) 2016 廃車の手続きは代理に依頼する手段があります。All Rights Reserved.